根岸の部屋

備忘録がてらに将棋(主にソフトとか角交換四間飛車とか)について書き殴ってます。棋力は絶賛伸び悩み中\(^0^)/

未熟さ

最近、ネット将棋で居飛車を指すようになった。今までは角交換振り飛車を中心に振り飛車一辺倒だったが、いまでは先後や相手が居飛車か振り飛車かを問わず居飛車を採用する割合が増えた。居飛車党に転向したという訳ではないが、戦型ごとの採用率をみれば、…

【WCSC28版】最新フリーソフトのリンクまとめ 【コンピュータ将棋】

第28回コンピュータ将棋選手権(以下WCSC28)の前後に公開されたトップクラスの棋力を持つ将棋フリーソフトリンクとそれぞれの簡単な特徴まとめ。WCSC28以前からあったものは、たとえ今のトップクラス勢と張り合えるくらい強いとしても載せていない(ただし一…

▲5六歩保留型中飛車vs向かい飛車・相振りメモ

図は実戦で、▲中飛車対△向かいの相振り飛車。 ▲6八銀なら左穴熊の含みが消えるため、後手はこれ以上態度を保留することもない。とっとと△2二飛と決める。 端歩の打診は難しいが、先手陣は▲6六角から端を集中砲火する狙いが見えるため受けづらく思う。 ▲7…

チラシの裏⑥

この局面で振り飛車どう指すか。 自玉は詰めろで受けても一手一手。また相手玉は不詰みだが。 ▲2三銀△3一玉と追ってしまうと、飛車が入れば詰むものの角一枚もらっても詰めろにならず負け筋。 単に▲1七玉なら有望。これだと△3八馬▲同銀△同龍が気になる。…

チラシの裏⑤

下図は角交換四間飛車の中盤戦。ここで振り飛車はどうするべきか。 正解は7三桂に触らず単に▲7八飛。△8六歩だと▲7三歩成△同金▲6六銀で決まり。 最初の図から▲7三歩成△同金▲7八飛だと△7四歩で損。 少し進んで下図。ここからどう指すか。 ▲7三歩成△同…

【ただの】本ブログに使用されたコンピュータ将棋用語【日記】

ここ数日のあいだ、プロ棋士の阿部健治郎先生による以下のツイートをみた何人かの有志の方により、コンピュータ将棋やそれに関連する用語を解説した記事を執筆されるという動きがあった。 コンピュータ将棋用語一覧と意味が整理されているサイトをご存知の方…

角交換四間飛車対▲7七角(△3三角)型銀冠②

前回記事(下)に関連した続き的なもの。 negishiroom.hatenablog.com 図は私の実戦。先手の私が角交換保留型のKKSを採用し、後手が△2二同玉と取る形から左美濃を選択した。図は△3三角と打って、前回解説した3三(7七)角型銀冠に合流させようというもの…

角交換四間飛車対▲7七角型銀冠対策①

初形より、 ▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4二飛 ▲2五歩 △6二玉▲6八玉 △8八角成 ▲同 銀 △7二玉 ▲4八銀 △2二銀▲7八玉 △3三銀 ▲9六歩 △9四歩 ▲5八金右 △2二飛(第一図) 上図は角交換四間飛車でよくありそうな図。 対角交換四間飛車の作戦としてやや…

ブログのレイアウトを変更しました

表題の通り。スマホから見る分には特に変わらないと思います。もとのブログのレイアウトがあんまりな気がしてきたので、ちょっといじってみました。といっても自作したわけではなく、はてなブログ側が用意してくれたいくつかのテーマの中から適当に選んで少…

腰掛け銀遅仕掛け+8八玉型左美濃対策メモ①

雑な自分用メモ的な何か。 ざっと用意した基本図(仮)。居飛車の陣形が最適化されているとは言いがたいがこの際目をつむる。ここから居飛車側が早仕掛けよろしく仕掛けてくる形を調べる。 ①▲4五歩~▲3三角成 まずは単に4五歩と仕掛ける形。4二飛型だけ…

チラシの裏④

図は6筋から早仕掛けっぽく仕掛けてきたところ。振り飛車が6筋攻めを警戒して四間飛車に振り直してきた後だけに剛情な手。 後手陣はバランス重視で、特に5三の銀がポイントで、後に6筋を伸ばしかえされるのを防いでいる。 しかしこの場合、▲同歩△77角…

チラシの裏③

実戦は▲2二角成△同銀▲7七銀としたが、△6四銀とされ銀対抗の形でしっかりブロックされ居飛車不満のない形となった。△3三銀を省略しているため、銀冠に組む含みもあるし、△3三角と打てば主導権も握れそうだ。後手の陣形を有効活用されてしまった。なんと…

チラシの裏②

図では△3九角が見えるが、誘いの隙。▲3八飛△8四角成▲3五歩があり、以下△同銀▲同銀△同歩▲同飛でまずい。 代えて△9五歩などと待機するべきか。以下▲7八金寄なら△4五桂と跳ねてどうか。次の△8四角の狙い。

チラシの裏

△1七歩成では▲2三歩成が先に入りまずい。△2八歩が正着。①▲同飛は△1七歩成▲2九飛△1八と▲8九飛△45桂。駒損を避け桂を捌き、4筋の傷をつくれそうだ。②▲同金は△1七歩成▲同香△同香成▲同金△1二飛で大成功。居飛車はまだしも▲1七同香に代えて▲2三香成…

逆棒銀対△4四角メモ①

ただの無価値な個人的メモ。 図は逆棒銀を仕掛けていったところ。居飛車は△7四歩も△6四歩(△7三桂や△6三銀~△7四銀で逆棒銀を防ぐ意)も突いておらず、しかも△5四歩を突いているため△5四角と打つ筋がなく、逆棒銀が成立しやすい好条件が整っている。 …

逆棒銀対△5四角打ち返しメモ①

とりとめもないメモ。ブログなんだからこういう使い方をしてもいいはず。 図は先手が逆棒銀を試みたところ。後手の玉形が未完成なので仕掛けの条件はよさそうだがどうなのか。 第一図以下、△同 歩 ▲同 銀 △5五角 ▲7七角 △同角成 ▲同 桂 △5四角(第二図) …

角道オープン四間飛車の相振り飛車・その1

▲7六歩△3四歩▲6八飛のオープニングからの相振り飛車を調べてみる。ここでは△4四歩と角道を止める、比較的穏やかなタイプの相振りをみていこう。 【対角道クローズ振り飛車①・美濃囲い強襲の基本的な狙い】 初手より、 ▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 △4四歩(…

KKS小ネタ② KKS拒否型対策・自己流振り飛車穴熊

研究と呼べるほどではなく、既出かもしれないので小ネタとしてカテゴライズした上で執筆・紹介してみる。 角交換四間飛車が出始めのころ、これをやられるのを嫌がる居飛車党の一部が使っていたのが以下の手順。 初形から、▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4二飛 ▲…

かつて私が驚愕した創作詰将棋

いきなりだが、下図は私が昔創作した詰将棋である。なのは詰め、脊尾詰め、激指のいずれにかけても作為通りの解を返してきたので、恐らく完全作のはず。(柿木将棋でも試したかったが持っていないので断念) 数年前にこれを創った私は、自慢するべく詰将棋と…

【SDT5版】フリーソフトのリンクまとめ 【コンピュータ将棋】

第五回将棋電王トーナメント(以下SDT5)の後公開されたトップクラスの棋力を持つ将棋フリーソフト+詰探索エンジンのリンクとそれぞれの簡単な特徴まとめ。SDT5以前からあったものは、たとえ今のトップクラス勢と張り合えるくらい強いとしても載せていない(…

今更書いてみた将棋フリーソフト「技巧2」導入法

将棋ソフトの導入の仕方について書きたいと思う。 SDT5も近くなってきたこのタイミングでこれを書くというのもすこぶる筋悪な気がするが、自分の周りの人たちからは未だに「ソフトをどうすれば使えるのか分からん」という声がしばしば聞かれる。”ソフトなん…

実戦詰将棋問題の解答解説

Twitter(下)にて紹介した実戦詰め将棋の解答である。出題から解答発表までTwitter上だけですませようかと思ったが、軽い解説込みでこちらに解答をのせることにする。 ただの実戦詰め将棋。 pic.twitter.com/dORj6l1vDy — 根岸 真哉 (@39th_theory) 2017年9…

角交換四間飛車vs▲4六歩早突き に関する見解をとりあえず急ぎまとめる

この記事↓が一部界隈で反響があったりなかったりしたみたいなので、少しだけ補足とかしてみる。間違いとかあったらごめんなさい。 negishiroom.hatenablog.com 詳しくはこの記事を参照していただきたいが、ざっくり言うと後手で角交換四間飛車をする際は左銀…

KKS小ネタ① elmoもyaselmoもだまされた?飛車先交換の誘惑

書くネタが特に思いつかないので、取るに足らない程度のKKSの小ネタを書いてみる。タイトルに①とあるけど②以降に続くかは分からない・・・。 <5月某日のぼく> 先日のwcsc27の結果は衝撃的だった。まさか新顔のelmoが王者ponanzaを破って優勝するとは。し…

高校選手権を観戦してきたよ&雑感

宮城県白石市で行なわれた将棋の全国高校選手権大会を観戦しに行ってみた。 とくに応援すべき特定の学校や選手もいなかったので適当にぶらついてみた。感じたことは、この大会の雰囲気はやっぱり独特だと言うこと。とくに団体戦の雰囲気は他の大会ではあまり…

KKSからの手づくり・仕掛けの方法を雑にまとめてみた

次からはもっとちゃんと体系化したい。 ①逆棒銀からの動き ②3(7)筋からの動き ③四間飛車の形からの動き ④筋違い角による打開 ⑤▲4七銀・△6三銀型vs△6四角・▲4六角 ①逆棒銀からの動き 角交換四間飛車からの仕掛けとして最も代表的なのは逆棒銀だろう。特…

Twitterはじめました

twitter.com とりあえずはここの更新の報告とかするつもりです。

【コンピュータ将棋】やねうら王の使い方について

※7/24追記:後で気づいたが、以下とほとんど同じ内容が本家様の記事↓にそっくりそのまま解説されていたようである。筆者はそれに全く気づかないままこれを執筆した。そのため、驚くほど共通項が多い内容となってしまっている・・・。反省します。 やねうら王…

評価関数を自作してみる⑨(すごーく雑な再検証の巻)

※この記事はゴミ溜めレベルの内容しかありません。 前回記事の通り、eval4とeval5の自己対戦をやりなおす。設定などはEvalShare以外は前と同じ。まずは1スレッド0.1秒で。 eval4 95-2-103 eval5 分かりやすく強くなっているようには見えない。念のためEvalS…

評価関数を自作してみる⑧ EvalShare問題

やねうら王の設定ではEvalShareをonにした状態で自己対戦させると、両者が同じ評価関数を用いた状態とさせることができるオプションがある。おなじ評価関数で自己対戦させた場合、こうすると使用するメモリの量を節約できるのだが、異なる評価関数どうしの場…