根岸の部屋

備忘録がてらに将棋(主にソフトとか角交換四間飛車とか)について書き殴ってます。棋力は絶賛伸び悩み中\(^0^)/ Twitter→@39th_theory

序盤研究

角交換四間飛車対▲7七角(△3三角)型銀冠②

前回記事(下)に関連した続き的なもの。 negishiroom.hatenablog.com 図は私の実戦。先手の私が角交換保留型のKKSを採用し、後手が△2二同玉と取る形から左美濃を選択した。図は△3三角と打って、前回解説した3三(7七)角型銀冠に合流させようというもの…

角交換四間飛車対▲7七角型銀冠対策①

初形より、 ▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4二飛 ▲2五歩 △6二玉▲6八玉 △8八角成 ▲同 銀 △7二玉 ▲4八銀 △2二銀▲7八玉 △3三銀 ▲9六歩 △9四歩 ▲5八金右 △2二飛(第一図) 上図は角交換四間飛車でよくありそうな図。 対角交換四間飛車の作戦としてやや…

腰掛け銀遅仕掛け+8八玉型左美濃対策メモ①

雑な自分用メモ的な何か。 ざっと用意した基本図(仮)。居飛車の陣形が最適化されているとは言いがたいがこの際目をつむる。ここから居飛車側が早仕掛けよろしく仕掛けてくる形を調べる。 ①▲4五歩~▲3三角成 まずは単に4五歩と仕掛ける形。4二飛型だけ…

逆棒銀対△4四角メモ①

ただの無価値な個人的メモ。 図は逆棒銀を仕掛けていったところ。居飛車は△7四歩も△6四歩(△7三桂や△6三銀~△7四銀で逆棒銀を防ぐ意)も突いておらず、しかも△5四歩を突いているため△5四角と打つ筋がなく、逆棒銀が成立しやすい好条件が整っている。 …

逆棒銀対△5四角打ち返しメモ①

とりとめもないメモ。ブログなんだからこういう使い方をしてもいいはず。 図は先手が逆棒銀を試みたところ。後手の玉形が未完成なので仕掛けの条件はよさそうだがどうなのか。 第一図以下、△同 歩 ▲同 銀 △5五角 ▲7七角 △同角成 ▲同 桂 △5四角(第二図) …

角道オープン四間飛車の相振り飛車・その1

▲7六歩△3四歩▲6八飛のオープニングからの相振り飛車を調べてみる。ここでは△4四歩と角道を止める、比較的穏やかなタイプの相振りをみていこう。 【対角道クローズ振り飛車①・美濃囲い強襲の基本的な狙い】 初手より、 ▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 △4四歩(…

KKS小ネタ② KKS拒否型対策・自己流振り飛車穴熊

研究と呼べるほどではなく、既出かもしれないので小ネタとしてカテゴライズした上で執筆・紹介してみる。 角交換四間飛車が出始めのころ、これをやられるのを嫌がる居飛車党の一部が使っていたのが以下の手順。 初形から、▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4二飛 ▲…

角交換四間飛車vs▲4六歩早突き に関する見解をとりあえず急ぎまとめる

この記事↓が一部界隈で反響があったりなかったりしたみたいなので、少しだけ補足とかしてみる。間違いとかあったらごめんなさい。 negishiroom.hatenablog.com 詳しくはこの記事を参照していただきたいが、ざっくり言うと後手で角交換四間飛車をする際は左銀…

KKSからの手づくり・仕掛けの方法を雑にまとめてみた

次からはもっとちゃんと体系化したい。 ①逆棒銀からの動き ②3(7)筋からの動き ③四間飛車の形からの動き ④筋違い角による打開 ⑤▲4七銀・△6三銀型vs△6四角・▲4六角 ①逆棒銀からの動き 角交換四間飛車からの仕掛けとして最も代表的なのは逆棒銀だろう。特…

後手角交換四間飛車 アユム流▲4六歩対策

アユム流▲4六歩とは、後手角交換四間飛車にたいして非常に早い段階で46歩と突き、そのまま腰掛け銀型に組んでしまおうという作戦のことである。どこから発祥の手なのか分からないが、将棋実況者の元奨励会員アユム氏が動画で披露し、ブログで研究を公開し…