根岸の部屋

管理人の備忘録がてらに将棋について書き殴ってます。棋力は絶賛伸び悩み中\(^0^)/

実戦詰将棋問題の解答解説

 

Twitter(下)にて紹介した実戦詰め将棋の解答である。出題から解答発表までTwitter上だけですませようかと思ったが、軽い解説込みでこちらに解答をのせることにする。

 

 問題図はこちら。まだ解いていないという方は挑戦してみてほしい。

f:id:Negishi_Shinya:20170906230313j:plain

 

(下スクロールで解答解説)

 

 

 

 

 

 

 

 

<ここから解答解説>

 

 

 まずは▲8三角成 △同 玉 ▲3八角(第一図)。▲3八角が実戦では見落としやすい王手。合駒が悪いためこれでしばらく王手が続く形になる。

f:id:Negishi_Shinya:20170906230716p:plain

 逃げる手は簡単に詰むので合駒することになる。△74銀は▲同角△同歩▲8四銀以下。△74歩の移動合は▲同角△同玉▲8五金△6四玉▲6五金以下で早く詰む。よって△7四角が正解。玉方としては頭の丸い駒を押しつけることが最善の延命となる。

 以下▲同角△同歩に▲8四銀△同玉と呼んでからもう一度▲6六角(第二図)。

f:id:Negishi_Shinya:20170906232354p:plain

 △7五銀などでは▲同角から頭に金銀をぺたぺた打って並べ詰み。やはり△7五角と角合いするのが正解。

 以下▲同角△同歩で、第三図。頭から金を打っていっても一枚足りず詰まない。持ち角を有効活用してこの不足を賄いたい。

f:id:Negishi_Shinya:20170906233238p:plain

▲7四金△同玉▲3八角(4七、5六も可)。金が足りないところであえて捨てるのがうまい。ここで△7三玉は▲8五桂、△8四玉は▲7四金△9三玉▲8五桂で早く詰むので△6四玉(第四図)。

f:id:Negishi_Shinya:20170906234142p:plain

 ここから▲6五金△7三玉▲7四金△8二玉▲8三金△7一玉と角の脚の長さを生かして手順に追っていけるのが金捨ての効果。さらに▲7二金△同金▲同龍△同玉と精算して第五図。

f:id:Negishi_Shinya:20170906234555p:plain

 ここまでくれば収束が見えてくる。▲8三銀と打っておく。△6二玉は▲7二金なので△7三玉だが、▲8五桂と活用するのがあまりにもぴったり。以下△8四玉▲7四銀成△8五玉▲8六金(第六図)で詰め上がりとなる。

f:id:Negishi_Shinya:20170906234855p:plain

 最初の図から数えて33手詰み。歩2枚しか余らないぴったりの詰み筋だった。

 

 <解答>

▲8三角成 △同 玉 ▲3八角 △7四角 ▲同 角 △同 歩
▲8四銀 △同 玉 ▲6六角 △7五角 ▲同 角 △同 歩
▲7四金 △同 玉 ▲3八角 △6四玉 ▲6五金 △7三玉
▲7四金 △8二玉 ▲8三金 △7一玉 ▲7二金 △同 金
▲同 龍 △同 玉 ▲8三銀 △7三玉 ▲8五桂 △8四玉
▲7四銀成 △8五玉 ▲8六金 まで33手詰み