根岸の部屋

備忘録がてらに将棋(主にソフトとか角交換四間飛車とか)について書き殴ってます。棋力は絶賛伸び悩み中\(^0^)/ Twitter→@39th_theory

メモ・チラシの裏

実戦詰め将棋4

第3回実戦で詰みを逃した局面を晒していくコーナー。

実戦詰め将棋3

第3回実戦で詰みを逃した局面を晒していくコーナー。

実戦詰め将棋2

第2回実戦で詰みを逃した局面を晒していくコーナー。

実戦詰め将棋1

私が実戦で詰みを逃した局面を晒していくコーナー。

▲5六歩保留型中飛車vs向かい飛車・相振りメモ

図は実戦で、▲中飛車対△向かいの相振り飛車。 ▲6八銀なら左穴熊の含みが消えるため、後手はこれ以上態度を保留することもない。とっとと△2二飛と決める。 端歩の打診は難しいが、先手陣は▲6六角から端を集中砲火する狙いが見えるため受けづらく思う。 ▲7…

チラシの裏⑥

この局面で振り飛車どう指すか。 自玉は詰めろで受けても一手一手。また相手玉は不詰みだが。 ▲2三銀△3一玉と追ってしまうと、飛車が入れば詰むものの角一枚もらっても詰めろにならず負け筋。 単に▲1七玉なら有望。これだと△3八馬▲同銀△同龍が気になる。…

チラシの裏⑤

下図は角交換四間飛車の中盤戦。ここで振り飛車はどうするべきか。 正解は7三桂に触らず単に▲7八飛。△8六歩だと▲7三歩成△同金▲6六銀で決まり。 最初の図から▲7三歩成△同金▲7八飛だと△7四歩で損。 少し進んで下図。ここからどう指すか。 ▲7三歩成△同…

腰掛け銀遅仕掛け+8八玉型左美濃対策メモ①

雑な自分用メモ的な何か。 ざっと用意した基本図(仮)。居飛車の陣形が最適化されているとは言いがたいがこの際目をつむる。ここから居飛車側が早仕掛けよろしく仕掛けてくる形を調べる。 ①▲4五歩~▲3三角成 まずは単に4五歩と仕掛ける形。4二飛型だけ…

チラシの裏④

図は6筋から早仕掛けっぽく仕掛けてきたところ。振り飛車が6筋攻めを警戒して四間飛車に振り直してきた後だけに剛情な手。 後手陣はバランス重視で、特に5三の銀がポイントで、後に6筋を伸ばしかえされるのを防いでいる。 しかしこの場合、▲同歩△77角…

チラシの裏③

実戦は▲2二角成△同銀▲7七銀としたが、△6四銀とされ銀対抗の形でしっかりブロックされ居飛車不満のない形となった。△3三銀を省略しているため、銀冠に組む含みもあるし、△3三角と打てば主導権も握れそうだ。後手の陣形を有効活用されてしまった。なんと…

チラシの裏②

図では△3九角が見えるが、誘いの隙。▲3八飛△8四角成▲3五歩があり、以下△同銀▲同銀△同歩▲同飛でまずい。 代えて△9五歩などと待機するべきか。以下▲7八金寄なら△4五桂と跳ねてどうか。次の△8四角の狙い。

チラシの裏

△1七歩成では▲2三歩成が先に入りまずい。△2八歩が正着。①▲同飛は△1七歩成▲2九飛△1八と▲8九飛△45桂。駒損を避け桂を捌き、4筋の傷をつくれそうだ。②▲同金は△1七歩成▲同香△同香成▲同金△1二飛で大成功。居飛車はまだしも▲1七同香に代えて▲2三香成…

逆棒銀対△4四角メモ①

ただの無価値な個人的メモ。 図は逆棒銀を仕掛けていったところ。居飛車は△7四歩も△6四歩(△7三桂や△6三銀~△7四銀で逆棒銀を防ぐ意)も突いておらず、しかも△5四歩を突いているため△5四角と打つ筋がなく、逆棒銀が成立しやすい好条件が整っている。 …

逆棒銀対△5四角打ち返しメモ①

とりとめもないメモ。ブログなんだからこういう使い方をしてもいいはず。 図は先手が逆棒銀を試みたところ。後手の玉形が未完成なので仕掛けの条件はよさそうだがどうなのか。 第一図以下、△同 歩 ▲同 銀 △5五角 ▲7七角 △同角成 ▲同 桂 △5四角(第二図) …